車検費用の車種別相場と車検店舗選びの検索ができます

車検費用と安く車検を受ける方法

日産

キューブ 車検費用

投稿日:

日産キューブの車検費用を安く抑える方法

キューブの車検費用は「どこで車検を受けるか?」で、数万円変わることがあります。

キューブの車検を安く受けられる車検店舗を選ぶときは、以下の項目は抑えて選ぶことをおすすめします。

  1. 車検基本料金が14,000円以下(ディーラーは35,000円前後かかります)
  2. ネット限定の割引や特典、キャンペーンを活用
  3. 車検を通すために追加部品が出る時は、2~3店舗の車検店舗を比較

以下のサイトでは、お得な車検料金の割引や特典が満載。

安いだけではなく、安心の整備付き車検を実施している車検店舗です。

有名ブランドから車検店舗を選ぶ

車検のコバック、アップル車検、オートバックス、車検の速太郎など、車検を受けた人たちからの評判も良い車検店舗です。

郵便番号や住所から検索することができ、実際に車検を受けた人たちの口コミも閲覧できます。

こちら≫≫キューブの車検が安い店舗検索

 

キューブの車検料金が最大81%OFF

EPARK車検では、整備付き車検でキューブの車検費用が安くなるキャンペーンを実施しています。

詳細はこちら≫≫全国対応「EPARK」車検見積り・予約申込み

 

キューブの車検を引き取り納車

Goo車検では、キューブを自宅や職場まで引き取りに伺い、車検終了後納車してくれる「引き取り納車車検」を実施中。

忙しくてキューブの車検見積もりに行けない・・・・そんなあなたに、便利なサービスです。

こちら≫≫そんなあなたにGoo車検

キューブ 車検 相場

日産キューブの車検費用の全国平均の相場価格は70,040円です。

以下、キューブの車検費用にかかる金額の内訳です。

車検基本料金(※1) 18,410円
自賠責保険料 25,830円
重量税(※2) 24,600円
印紙代(※3) 1,200円
合計 70,040円

(※1)地域や車検店舗により価格が異なります。一般的な整備工場の車検基本料金です

(※2)エコカー減税は考慮されていない価格です

(※3)指定工場(民間車検場)での料金です。認証工場の場合は印紙代が100~700円上乗せされます。

キューブ 車検 ディーラー

日産のディーラーでキューブの車検を受けた際にかかる、おおよその車検料金は86,630円です。

以下、車検費用の内訳です。

車検基本料金(※1) 35,000円
自賠責保険料 25,830円
重量税(※2) 24,600円
印紙代 1,200円
合計 86,630円

(※1)地域や販売店によって金額が若干異なります

(※2)エコカー減税は考慮されていない価格です

キューブの車検料金。全国平均の車検価格は70,040円に対し、日産のディーラーでキューブの車検を受けると86,630円

差額は16,590円。

価格の差は「車検基本料金」が日産のディーラーは高めの設定になっていることです。

キューブ 車検基本料金

車検基本料金とは?

車検は完成検査、適合書類の作成を国家資格を持った車検検査員が行います。

これらを代行してもらうことに対して支払う金額が「車検基本料金」です。

車検基本料金は、車検店舗側が任意に設定できる価格なので、車検店舗によって金額が違います。

では、車検基本料金が高いところと安いところで、車検の内容が変わるのか?

車検は国が定めた基準や点検項目に沿って行いますので、どこで車検を受けても「やることは同じ」です。

ディーラーが特別な車検を行うわけではありません。

キューブの車検費用を安く抑えようと思ったら、車検基本料金が安いところを探すのが一つのポイントです。

キューブ 車検法定費用

車検法定費用とは、「自賠責保険料」「重量税」「印紙代」を合計した金額のことです。

キューブの車検法定費用は51,630円です。(※エコカー減税は考慮していない、印紙代は1,200円で計算)

車検法定費用は非課税扱いの項目です。

「自賠責保険料」とは、車検の際に強制加入が必要な保険料。

「重量税」は車ごとに異なりますが、国に納める税金。そして「印紙代」は指定工場と認証工場で数百円差があります。

車検法定費用は、どこで車検を受けても基本的には同じです(※印紙代の数百円の差はでますが)

キューブ 車検 オートバックス

キューブの車検を安く抑えるための車検店舗選び。

候補のひとつにオートバックスはオススメです。

キューブの車検が新車から2回目、3回目となってくると、タイヤ・バッテリー・ブレーキパット・ベルトなど、キューブの車検を通すためには交換部品が発生する可能性が出てきます。

オートバックスは、全国チェーンのカー用品専門店で車検にも力を入れているので車検基本料金が安く、交換部品が出た際も他店より追加部品(カー用品)が安いので、オススメです。

特にタイヤなどは圧倒的に価格が安いことと、TVCMが多く流れている時期や新聞折込チラシが入った時は、キャンペーンを実施しているので何かしらの割引や特典を使える可能性が高いので狙い目です。

キューブの車検をオートバックスで受けるメリット

  • 車検基本料金が安い
  • タイヤ・オイル・バッテリーなどのカー用品が安いので、追加部品がでても安く車検を受けられる
  • ネットで車検の見積もり予約ができる(一部店舗を除く)
  • ほぼ全国に店舗がある
  • 車検代金をクレジットカードで支払うことができるので、ポイント貯まる
  • 代車の貸し出しがある(店舗によっては無いところも)
  • 設備が充実
  • 車検検査員や整備士が多数揃っている

以下、キューブの車検費用を比較したものです。

「全国平均」「ディーラー」「オートバックス」を比較すると、車検基本料金が安いオートバックスが、キューブの車検を一番安く受けることができると思います。

全国平均 ディーラー オートバックス
車検基本料金(※1) 18,410円 35,000円 13,824円
車検法定費用(※2) 51,630円 51,630円 51,630円
合計 70,040円 86,630円 65,454円

(※1)地域や店舗によって若干の差があります。

(※2)重量税はエコカー減税は考慮していない金額、印紙代は指定工場の1,200円で計算した場合。

あなたの自宅や会社など近隣のオートバックス店舗検索ができます

 

「車検の有名ブランド」から車検店舗の検索ができます

 

整備付き車検で車検基本料が最大81%OFF

キューブ 車検見積もり

「日産キューブの車検をとにかく安く済ませたい」

その時にやるべき行動は、複数の車検店舗でキューブの車検見積もりを比較することです。

正直、2~3の車検店舗で見積もり取ることは面倒です。

そこで、効率よくキューブの車検見積もりを取る方法を紹介したいと思います。

その前に車検見積もり作業とは、どんな流れで何をするのか?これについて触れておきます。

キューブの車検見積もりの流れ

  1. キューブを車検店舗に持ち込みます
  2. 受付、車検に必要な書類の確認(車検証/自賠責保険証書)
  3. キューブをリフトアップして、車の下回りの点検
  4. ボンネットを開けてエンジンルーム内の点検
  5. タイヤを外して、ブレーキ回りの点検
  6. キューブの車検見積もり金額と、その内容の説明を受ける

車検店舗や工場によって、車検見積もり作業の流れや点検個所に差はありますが、上記見積り金額算出のために行う作業時間は、おおよそ、30~40分前後かかります。

車検店舗や工場の混み具合によっては、待ち時間がありますのでタイミングが悪い時は、キューブの車検見積もりに1時間以上かかることも。

そこで、キューブの車検見積もりを効率よく取る方法として、車検の予約をすることをオススメします。

予約してキューブの車検見積りをとるメリット

  • ほぼ、待ち時間なくキューブの車検見積もり作業ができます
  • 車検予約と言っても、車検見積り作業の予約です
  • 予約したから、その店舗で必ず車検を受けなければならない。というわけではありません
  • 車検見積もりの作業は無料
  • キャンセル料もかかりません
  • ネット限定の車検割引の特典があります

このように、最短時間でキューブの車検見積もりをまず取ること。

2店舗目以降は、最初に取った車検見積り書を持っていけば、それを元に価格を算出してもらうこともできるので、大幅に時間短縮ができて2~3か所の車検店舗を効率よく回ることもできます。

以下、車検見積もりの予約ができる、車検店舗のオススメサイトです。

あなたの自宅や会社など近隣のオートバックス店舗検索ができます

 

「車検の有名ブランド」から車検店舗の検索ができます

 

整備付き車検で車検基本料が最大81%OFF

応援があるとブログ更新の励みになります
車検相場価格情報頑張って更新しますので

ぽちっとクリック
↓応援お願いします↓


整備・修理ランキング

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

キューブを高く売る方法

キューブの車検見積り金額が思った以上に高かった場合、車検を通すよりも新しい車に乗り換えを検討するかもしれません。

新しい車を少しでも安く購入するコツは「キューブを高く売る」ことです。キューブを一番高く売る方法は「下取り」ではなく「買取」で売ることです。

キューブは「下取り」ではなく「買取」で売る

「下取り」は新しく購入する店舗にキューブを売ること。

「買取」は買取専門業者にキューブを売ること。

「下取り」も「買取」もキューブを売ることに違いはありませんが、「買取」のほうがキューブが高く売れます。

買取専門業者にキューブを売るメリット

  • 「下取り」で10万円だったが「買取査定」したところ45万円だった。このような事例が多くあります
  • ディーラーは新車から7年経過した中古車に対して二束三文の価値しかつけません(最近は5年でも厳しい)
  • 買取専門業者は独自の販売ルートを持っているので高額買取を実現できます
  • ディーラーの営業マンも「高く売りたい」お客さんには「買取専門業者」を紹介しています
  • 事故車でも買取してくれます
  • ローンが残っていても買取査定できます
  • 今すぐ売る予定はなくても、今後の参考のために買取査定を利用する人も多いです

以下のサイトは、キューブを少しでも高く売ることができる、車の買取専門店です。

無料の車買取査定サービス【車買取サポーター】 

愛車の最高売却額が簡単に調べられる『車売却の一括査定』サービスです。

    1. 愛車の情報を伝える
    2. 最大10社の査定内容が届くので比較ができます
  1. しつこい営業電話がありません
  2. 複数の業者から電話がかかってくることもありません
  3. コールセンターのみから、結果の連絡が入ります
  4. 依頼しても必ず売却しなくてはいけない、というわけではありません
  5. 自分の愛車がいくらで売れるのか?知りたいという場合も気軽に利用できます

事故車の買取専門業者

ソフトバンクグループ「カービュー」による中古車の事故車査定を無料で複数社に一括依頼できるサービスです。

オークションで高額買取を実現

  • 全国700店舗以上の中古車販売店、輸出業者から入札を募りオークション最高額での買い取りを行う、透明性の高い中古車買取サービス
  • たった15分のオークションで、どんな車種でも高額落札が期待できます
  • 一括査定サイトと違い、カープライスでは電話も査定も1社のみ
  • 査定も出品も無料! 売却が決まった時だけ、オークション手数料は一律10,000円(税別)
  • 査定からオークション出品まで、費用は一切かかりません

上記のようにパソコンやスマホなどの画面で、あなたの車のオークションがリアルタイムで確認できます。

もちろん、買取価格に納得できないときは売却をキャンセルすることもできます。

-日産
-, , , , , ,

Copyright© 車検費用と安く車検を受ける方法 , 2018 All Rights Reserved.