車検費用の車種別相場と車検店舗選びの検索ができます

車検費用と安く車検を受ける方法

ホンダ

シャトル 車検費用

投稿日:

ホンダ シャトルの車検が安い店舗の探し方

車検料金は、どこで車検を受けるかによって「車検基本料金」と「車検に通すための交換部品代」が違います。

車検店舗を探すときは以下のポイントを抑えることで、ホンダ「シャトル」の車検を安く受けることができるでしょう。

  • 車検基本料金が14,000円以下(ホンダのディーラーは38,000円前後かかります)
  • クレジットカードで支払うとポイントが貯まるので、「クレカ払い可能」な車検店舗
  • 割引・特典・キャンペーンなどを実施している車検店舗
  • 車検満了日から2カ月、3か月前の「車検早期予約割引」を活用
  • 交換部品が出た場合、2~3箇所の車検店舗で見積り比較をする

以下で、ホンダシャトルの車検を安く受けることができる、車検店舗の検索ができます。

有名ブランドから車検店舗を探す

「オートバックス」「車検の速太郎」「アップル車検」「車検のコバック」「エネオス」などが加盟している車検のポータルサイト。

郵便番号や住所から検索すると、該当の車検店舗が一覧表示されます。

各店舗の割引や特典、キャンペーン情報が比較できるほか、実際に車検を受けた人たちの口コミも閲覧できるので参考になります。

詳細は≫≫ホンダシャトルの車検店舗を有名ブランドから探す

 

シャトルの車検を引き取り納車

「Goo車検」では、自宅や職場にシャトルを引き取りに伺い、車検完了後納車してくれる「引き取り納車」サービスを実施。

申し込みから、見積り予約、支払まですべてネットで完結します。

詳細はこちら≫≫そんなあなたにGoo車検

 

シャトルの車検基本料金が最大81%OFF

EPARK車検では、キャッシュバックキャンペーンをはじめ、車検基本料金が最大81%OFFになるキャンペーンを定期的に実施中です。

詳細はこちら≫≫全国対応「EPARK」車検見積り・予約申込み

 

シャトル 車検費用 相場

シャトルの車検費用の相場価格を知っておくことで、実際に車検見積もりを取った際に、高いのか?安いのか?判断基準になります。

全国平均のシャトルの車検費用相場は70,050円です。

以下シャトルの車検に必要な「車検法定費用」や「車検基本料金」の内訳です。

車検基本料金(※1) 18,420円
自賠責保険料 25,830円
重量税(※2) 24,600円
印紙代(※3) 1,200円
合計 70,050円

(※1)平均的な整備工場の料金例です。 地域や店舗によっては差があります。

(※2)車種別に異なるエコカー減税などに関しては考慮されていません。

(※3)指定工場(民間車検場)での料金です。認証工場の場合は印紙代が100~700円上乗せされます。

シャトル 車検 ディーラー

ホンダのディーラーでシャトルの車検を受けた際の、おおよその車検費用は89,630円です。

以下、シャトル車検費用の内訳です。

車検基本料金(※1) 38,000円
自賠責保険料 25,830円
重量税(※2) 24,600円
印紙代 1,200円
合計 89,630円

(※1)販売店や地域によって、若干金額が異なる場合があります。

(※2)車種別に異なるエコカー減税などに関しては考慮されていません。

ホンダのディーラーでシャトルの車検を受けると割高になると言われる理由のひとつ。

それは車検基本料金が割高であるということ。

車検基本料金は、車検店舗側で任意に設定できる価格です。

車検基本料金とは、何に対して支払う料金か?

車検は国家資格を持った車検検査員が、完成検査を行いシャトルが車検に適合していることを証明している書類を作成します。

車検基本料金とは、これらの検査や書類作成を代行してやってもらうことに対して支払う「手数料」です。

では、車検基本料金が高いところと、安いところで何か違いがあるのか?

「同じです」

車検は国が定めた法のもと、点検項目や点検基準が決まっているので、ディーラーが特別なことを行うわけではありません。

シャトルの車検費用を安く抑えるポイントのひとつ、車検基本料金が安い車検店舗を探すことです。

こんな時はホンダのディーラーに相談しましょう

シャトルの新車登録日から3年以内、もしくは6万キロ以内であれば、ディーラー保証期間内です。

保証期間内で、シャトルの車の調子が悪い場合。

例えばエンジンがすぐ止まるとか、走行中に異音がするとかメーターに警告灯が点灯/点滅しているなど。

このように不具合が発生していて、保証期間内であれば無償修理が可能な場合もあります。

シャトル 車検法定費用

ホンダ「シャトル」の車検にかかる車検法定費用は51,630円です。
(エコカー減税は考慮していない価格、印紙代は1,200円で計算した場合)

車検法定費用とは、「重量税」「自賠責保険料」「印紙代」を合計した金額です。

シャトルの車検を受ける際に必ず必要となる費用であり、車検法定費用はどこで車検を受けても金額はかわりません。
(印紙代は指定工場/認証工場など、車検を受ける工場で数百円変わる場合があります)

シャトル 車検 オートバックス

シャトルの車検を安く抑えることができる車検店舗のひとつに、オートバックスをオススメします。

特に新車から2回目、3回目の車検ともなると、車検に通すために必要な交換部品が発生する可能性があるからです。

シャトルの車検をオートバックスで受けるメリット

  • 車検基本料金が安い
  • ネットで車検の見積り予約ができる(一部店舗を除く)
  • カー用品が安いので追加部品が出た際も安心
  • クレジットカードで車検料金の支払いができるので、ポイントが貯まる
  • 代車の貸し出しがある(店舗によって異なるので要確認)
  • ほぼ全国に店舗がある
  • 国家資格を持った車検検査員や自動車整備士が揃っている

以下は「全国平均」「ディーラー」「オートバックス」の車検料金を比較したものです。

全国平均 ディーラー オートバックス
車検基本料金(※1) 18,420円 38,000円 13,824円
車検法定費用(※2) 51,630円 51,630円 51,630円
合計 70,050円 89,630円 65,454円

(※1)販売店や地域によって、若干金額が異なる場合があります。

(※2)エコカー減税は考慮していない価格、印紙代は1,200円で計算した場合。

上記車検料金を比較してわかるように、車検基本料金が安いオートバックスが、シャトルの車検費用が一番安い。

そして交換部品が発生しても、タイヤ、バッテリー、オイル関連も品ぞろえが豊富で価格も安いので、車検合計金額で他店と比較しても、オートバックスはシャトルの車検費用が安くなる可能性が高いのです。

あなたの自宅や会社など近隣のオートバックス店舗検索ができます

 

「車検の有名ブランド」から車検店舗の検索ができます

 

整備付き車検で車検基本料が最大81%OFF

シャトル 車検 見積もり

ホンダ「シャトル」の車検を一番安く受けることができるところを探すとき、見積もりを取って比較すると思います。

「車検見積もり予約」を取ることで効率よく見積もりが取れますので、その方法を紹介します。

まず、車検見積もり作業にかかる時間は、おおよそ30~40分です。

車検店舗や工場の状況によって前後することもありますが、一番困るのは「待ち時間」がかかるケースです。

待ち時間と車検見積もり作業と合わせて、1時間以上かかることも。

シャトルの車検見積もり作業の流れ

  1. 車検店舗にシャトルを持ち込みます
  2. 受付して車検証などの必要書類の確認
  3. シャトルをリフトアップして車の下回りの点検
  4. エンジンルーム内の点検
  5. タイヤを外してブレーキ回りの点検
  6. 見積もり内容の説明を受ける
  7. シャトルの車検見積り金額決定

車検店舗や工場によって、車検見積もり作業の内容は異なりますが、上記の見積もり作業にかかる時間が、おおよそ30~40分

シャトルの車検予約をするメリット

  • ほぼ、待ち時間なく車検見積もり作業ができます
  • 予約特典、割引などがあります
  • 予約といっても「車検見積もりの予約」ですので、必ず車検を受けるということではありません
  • 見積もり作業にかかる費用は無料
  • キャンセル料もかかりません

以下でシャトルの車検見積もりの予約ができる、車検店舗の検索ができます。

あなたの自宅や会社など近隣のオートバックス店舗検索ができます

 

「車検の有名ブランド」から車検店舗の検索ができます

 

整備付き車検で車検基本料が最大81%OFF

応援があるとブログ更新の励みになります
車検相場価格情報頑張って更新しますので

ぽちっとクリック
↓応援お願いします↓


整備・修理ランキング

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ホンダ シャトルの車検まとめ

  • シャトルの車検を安く受けることができる車検店舗の探し方とは?
  • シャトルの車検費用。全国平均の相場を知ることで見積もり金額に対しての「基準」ができる
  • ホンダのディーラーで車検を受けると割高になる理由
  • シャトルの車検に必要な「車検法定費用」
  • シャトルの車検をオートバックスで受けるメリットとは?
  • 車検予約で効率よくシャトルの車検見積もりを取る

シャトルを一番高く売る方法

ホンダ「シャトル」の車検見積りが思った以上に高く、車検受けるのを止めて新しい車に乗り換えようか。。。車検の時期は車を乗り換えることを検討する時期かもしれません。

新しい車を少しでも安く購入するコツは「シャトルを高く売る」ことです。

「下取り」よりも「買取」

「下取り」も「買取」もシャトルを売るということに変わりはありません。

「下取り」は新しく車を購入する店舗にシャトルを売ることです。

「買取」は買取専門業者にシャトルを売ることです。「買取」のほうが高値でシャトルが売れます。

「買取」でシャトルを売るメリット

  • 「下取り」で30万円の査定だったが「買取」で査定してもらったところ「60万円」だった。このような例が少なくありません
  • ディーラーの営業マンも、高く売りたい人には「買取」をすすめています
  • ディーラーは新車から7年以上経過した中古車の査定は「ほぼ0円」。下取りは二束三文の査定額を提示します
  • 買取業者は過去の実績と独自の販売ルートを確立しているので、高額買取が実現します
  • 事故車でも買取査定できます
  • シャトルのローンが残っていても買取はOK

ネットで「買取査定」の見積りができます。自宅や職場などに車を見に来てもらって、15~20分程度で買取査定額が決定します。

シャトルを一番高く売る方法は「買取査定」して貰うことです。

無料の車買取査定サービス【車買取サポーター】 

愛車の最高売却額が簡単に調べられる『車売却の一括査定』サービスです。

    1. 愛車の情報を伝える
    2. 最大10社の査定内容が届くので比較ができます
  1. しつこい営業電話がありません
  2. 複数の業者から電話がかかってくることもありません
  3. コールセンターのみから、結果の連絡が入ります
  4. 依頼しても必ず売却しなくてはいけない、というわけではありません
  5. 自分の愛車がいくらで売れるのか?知りたいという場合も気軽に利用できます

事故車の買取専門業者

ソフトバンクグループ「カービュー」による中古車の事故車査定を無料で複数社に一括依頼できるサービスです。

オークションで高額買取を実現

  • 全国700店舗以上の中古車販売店、輸出業者から入札を募りオークション最高額での買い取りを行う、透明性の高い中古車買取サービス
  • たった15分のオークションで、どんな車種でも高額落札が期待できます
  • 一括査定サイトと違い、カープライスでは電話も査定も1社のみ
  • 査定も出品も無料! 売却が決まった時だけ、オークション手数料は一律10,000円(税別)
  • 査定からオークション出品まで、費用は一切かかりません

上記のようにパソコンやスマホなどの画面で、あなたの車のオークションがリアルタイムで確認できます。

もちろん、買取価格に納得できないときは売却をキャンセルすることもできます。

-ホンダ
-, , , , , , ,

Copyright© 車検費用と安く車検を受ける方法 , 2018 All Rights Reserved.